--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中型戦闘艇の居住区は狭く、とても人が休めるような場所じゃあない。

四名一組の部屋は、二段重ねのベッドが両脇に据え付けられてるだけで、ドアのロックも大概はききはしない。

どちらかといえば鍵があるだけ倉庫区のほうがましなくらいだ。

ましてや傭兵部隊のクソ野郎どもときたらAL標準型ヒューマノイドは数少なく、莫迦でかいベイグス(寝るときは丸まって収まりきらない)や得たいの知れないサイバノイド(こいつは強化装甲のまま寝起きしてやがる)が多数いて、ベッドを取っ払っても二体程度しか入らない。

そもそも身体がドアを通らねえから、正面の壁などはぶち抜かれたままだ。

俺の所属する第ニ傭兵部隊(通称 死神隊)はそんなわけで、さながら動物園の檻のような部屋が並んでるだけだ。

特に寝る必要のない俺は転がりまわるベイグスや武器丸出しのサイバノイドはさけて、砲撃席で休むようにしている。

ここなら誰もいないし(ここで寝る奴もないが)、ドラゴンウォリアーの末裔でもある俺の30セコ程度の睡眠なら、ハイパー航行中でも取れるからだ。

もちろん激戦のあとから訪れるDダウンともなればこんな所にもいられないが、大概の戦闘終了時は医療ラボ送りだから、絶対安静の治療再生中で似たようなものだ。

帝国の軍部なんて予算の関係か、それとも昔ながらの伝統なのか、画一的な設備、画一的なシステムでどれも同じに作られている。

もっとも元は標準であったろうこの戦闘艇も、住人?の度重なる破壊と改造で一目でそれとはわからない物になっちまってるけど。

座席から操作レバーの類まで標準のものなどなく、それぞれの異なる躯体や形状に合わせてあって、とても他の奴らには扱えない。

動かせるとしたらサイコリモートによるシンクリング制御ともなれば、可能かもしれないが。

こんなことを思うのは、今まさにそんな状況だからだ。

野郎どもの半分は吹っ飛ばされて、航行操舵のシーカーズが行方知らず。

胸糞悪い奴らの針のような七本指用の複雑な操作パネルなんて、俺には扱えねえ。

ましてや、うすのろベイグズの鎌爪や銃口の集まりでしかないサイバノイドの手先じゃあ、まず、お手上げだ。

軌道上の中継ベースに何とか連絡を取って、代わりのシーカーズの応援を要請するか、船を捨てるしかない。

とりあえず直撃を受けて不時着中の船から離れ、辺りをさぐることにする。ミッションは再び継続中なのだから。






<ブァング!ベーズがらの応答ばまだなのが?>

相変わらず聞き取りづらい言葉のうすのろの奴がハイコミュで、何か言ってきやがった。

<今やってんだよ!そっちはどうだ?>

通信機がイカレちまってるこの状況でも、悠久の時に晒され落ち目になったとはいえ帝国軍部のハイコミュ網は健在だ。もちろん味方どおしでアクセス許可をしあってるクソ野郎どもとしか話せないのだが。

<前方120°の範囲は異常なじ 生命反応もなじだ>

<Mノイズが多ずぎで グリアにアグゼズでぎねぇ>
…てめえの言ってることがグリアじゃねえよ

<自動防御システムの妨害の可能性もあるから スキャンも平行でやってみろよ>
違うバンドからのシグナルだ。

<…z ライトは 両システムとも無反応 サーチポッドを射出したが 周囲2kalほどトラップもなしのようだ>
サイバーのデストロイからも連絡だ。

<レフト側もなしだ こっちのスキャナもムウブセンサも黙んまりをきめこんでるぜ >

<お前同様回路が いがれてるがもしれねぜ>うすのろの声は相変わらず耳障りだ。

<そうでない事を てめぇの兄弟たちにでも祈ってくれ>

<そりゃあ ぎりのない話だぜ ブァング オレのぎょう弟なんて なんびゃぐもいたがらよ>


状況は未明で混迷、いつもどおりのサイアクって奴だ。

…クソッタレ   誰宛ともなく、俺は吐き捨てるように呟いた。


関連記事
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。