--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤黒い死砂の大地は歩くたびにシャリシャリと崩れ砂埃となって舞い上がる。

このあたりは地下流砂の砂脈が複雑に入り組んでいて、部族の者でも気軽には立ち入らない。

その不毛の小高い丘を少年は足元を気にすることもなく、古ぼけた砂井戸を目指しすたすたと歩いていた。

「ちぇっ、またあのポンコツ、目詰まりしやがって」

丘の脇を怒涛のように流れる流砂の音が轟々と響くなか、舌打ちをしながらつぶやいた言葉は足元から立ち上がる砂煙とともに風に消えてゆくばかりだった。

少年の一族にしかわからない複雑な道筋を通り、採掘場の隅にある古い井戸にたどり着いたのは小一時間も過ぎた頃だろうか。

古井戸の電源を落としたあと保護シールドを解除し、送出ポッドにはめ込まれた繋ぎを外すと案の定、死砂の塊が二層となっているパイプの中に凝り固まっていた。



「あんな古井戸、もうやめちまえばいいのに」

「何をゆうサレン、今の我らが繁栄はあの古井戸がもたらしたものぞ、一族の次なる長となるものがそのようなことを」

周期的に繰り返される今朝のような問答。

新世代の一員であるサレンにとっては、無駄なことにしか思えなかった。

確かに流砂の大河に点々と浮かぶ無数もの丘と呼ばれる場所に、橋をかけ地下砂脈を探し当て流砂の恩恵をもたらしたのは遠い祖先の尊敬すべ勇気ではあったとは思うのだが。

死砂の大陸で細々と暮らす多くのこの星の住民に限りない反映の礎をもたらしたのも揺るぎない事実ではあったのだが。

「サレン、父様の言葉は偉大なる祖先の教えが含まれているのですよ。長としての勤めを果たさなければならない貴方の修行でもあるのですから」

母であるデルタの慰めももう聞き飽きていた。

「大河の上に浮遊して直接流砂を取り込めるようになったこの時代に、あれが何の意味があるんだ」

そう言って飛び出るように家を出てきた事が思い出された。

砂脈を感じ砂流を読み取るための術を、気の遠くなるような作業を続けるうちに学び取っていたことはわかるが、それさえもいつの日にかは新たなイノベーションに取って代わるだろうとサレンは確信していたのだった。

それをもたらすのが自分を含めたニュウエイジの定めとも感じていたからであったのだが。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。