--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01/23/2012    破壊
壊して

壊して

壊して

自らの世界など

破壊つくして
スポンサーサイト
01/24/2012    ボクの言葉で

ボクの爪弾く

言葉の弦で

オマエの心の首を直ぐさま

括り落としてあげようか


ボクの奏でる

言葉の闇で

オマエの心の灯火全てを

まるごと閉ざしてあげようか


にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ
にほんブログ村


01/26/2012    咆哮

膨れ上がる

まっかな闇を

抑えきれず

叫び

叫び

叫び続ける

全てを壊さんばかりに


にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ
にほんブログ村



01/27/2012    したくない

口の減らないヤツ

可愛げのないヤツ

はなしもしたくない

にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ
にほんブログ村




01/27/2012    頭痛
割れそうだから

切り落としてしまおう

耐え切れないから

切り落としてしまおう

惜しくはない

惜しくなどないから

にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ
にほんブログ村




01/29/2012    ボクにしか過ぎない
もういい歳だなんて

言われなくても知っている

ボクが不道徳なのは

言われなくても知っている

ましてや負け犬など

十分に承知している


それがなんだと言うのだ

何を思われようが

何を言われようが

ボクは微塵も揺らがない


それら全てがボクなのだから


変えることもなく

変わることもない


ボクはボク

ただのボクでしかないから

にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ
にほんブログ村






02/02/2012    ボクを見るな

みるな

みるな

ボクをみるな

見れば刺す 見たら刺す


この冷たく尖りきった言葉で


にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ
にほんブログ村

02/05/2012    自己分析

やってしまいそうな

危うい自分

それを扇動する自分

何の道

自分は破滅型


にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ
にほんブログ村


02/06/2012    逆鱗

何故こうも

的確なのだろう

何故誰しもが

触れてくるのだろう


ボクは気も長くないのに

ボクは優しくもないのに

ボクは寛大ではないのに


どうにもなめているわけだ

皆 いちように


にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ
にほんブログ村



02/08/2012    やり場のない怒り

憤りを覚え

苛立ちが止まらない

こみ上げる怒りを

つきあがる感情を


押さえ


きれない




自分の不甲斐なさに

あまりの自分の不甲斐なさに


にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ
にほんブログ村
02/12/2012    短絡的

それがなんだとゆうのだ

だからなんだとゆうのだ

ボク自身でも

どうにもならないのに

かえることなどできないのに

にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ
にほんブログ村

02/12/2012    闇 病み 已み

ボクがやんでいると思うなら

ボクがくるっていると思うなら

すきに思えばいい


ここにいるボクが

僕の全てと思うなら

すきに思えばいい


何もかもすきに思えばいいのさ



にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ
にほんブログ村


02/20/2012    哀れにも思える怒りに

声を荒げたりはしない

物を投げたりはしない

それでは同じだから


ソレデハメノマエノアワレナルモノトオナジニナルカラ

にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
にほんブログ村

more open !?
02/22/2012    悪役

乱暴な振る舞いが

なんだとゆうのだ

怒鳴り散らす事が

なんだとゆうのだ


黙っていては進まない

綺麗ごとだけじゃ始まらない


やってしまうのはたやすい事

ほおっておくのは安易な事


捻くれ者で口悪いボクには

悪役あたりがお似合いなのさ

毒舌家で天邪鬼なボクにとって

悪役なんて慣れっこなのさ

にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
にほんブログ村


more open !?
03/24/2012    詩なんかじゃない

詩集など 読んだことは無かった

詩人など 名前も思いつかなかった


湧きあがる怒りを

圧し掛かる苦悩を


ただ 吐き出し

ひたすら振り払う


言葉で

言葉で

ほとばしる言葉で


飾らず

気取らず

日々溢れだす

この心の 叫びは

決して

詩とは 呼べないものだろう

誰一人

詩とは 呼ばないものだろう




04/08/2012    閉じた瞳

閉ざされてる

はずの

ボクの眼差しは


蒼褪めた怒りを

伴って

横たわる隣の壁を


砕けよと

ばかりに

眺め続ける
04/13/2012    四十八の後悔
1思わせぶりなど酷い話で自嘲さえもままならない

2心の傷も身体の傷も痛みもなにもそむけては

3後悔ばかりが後先たって笑える自分がそこにいる

4言葉に意味などないことなんて自分が一番知っていた

5伸ばした手など切って落として喉まで出たのを飲み込んで

6眼耳を塞いで口まで閉じて路傍の何処かに転がろう

7変わらぬ朝と変わらぬ日々に変わらぬ自分を打ち捨てて





more open !?
04/14/2012    それぞれのあいは

高まる怒りを

吐き出そうと

眼を血走らせ

疼きを求め続ける


寂しさの疼きを

埋めようとして

吐き出されるものを

ただ受けとめている


単なる

欲望でそれは


形をかえて

言葉で飾って


互いにそれを

そんな風に

呼んでいるだけ
04/15/2012    ちから

言葉に力がないとは思えないけど

変えられない物なんて

ごまんと或る

変えたいと願うなら

力を養うべきだろう

力ずくでなきゃ


こんな世の中

変わりはしないから


にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ
にほんブログ村





  反論中傷お好きにどうぞ
04/21/2012    しんじょう

のぞまれなければ

のぞまないだけ

されないなら

しないだけ

こたえなきなら

にどと とわないことだろう



にほんブログ村 ポエムブログ 感情詩へ
にほんブログ村
04/22/2012    何もない理由

きっと もう

何もないから

此処には

何もないから

優しさもないから

絆などないから

温もりもないから

会話もないから

愛もないから



だからでしょう


何もない理由は



にほんブログ村 ポエムブログ 感情詩へ
にほんブログ村
more open !?
04/22/2012    休日
休日が嫌いになったのは

いつからだろう

苛立ちと

顔を突き合わせ

哀しみに纏わりつかれ

休日など

休みにも思えない

くだらない

平日を

やりきれない

平日を

這いずって過ごし

泥のように眠りつくことのほうが

何倍もましだからだろうか


にほんブログ村 ポエムブログ 感情詩へ
にほんブログ村
04/23/2012    食卓

オマエのその

心無き態度

オマエのその

心無き言葉

ボクは

あと少しで…



にほんブログ村 ポエムブログ 感情詩へ
にほんブログ村
more open !?
04/26/2012    本当の偽善者は誰?

偽善の何処が悪いとゆうのだ



口先ばかりの

綺麗ごとばかり騙る

輩ども


慈善は無言で行動するもの

騒ぎ立て

正論をチラつかせるより


例え 偽善でも

行う事が

変えてゆくと


自らの汗をかくことが

尊いことだと



偽善ばかり口にして呟くだけの奴らに

ボクは問いたい



にほんブログ村 ポエムブログ 感情詩へ
にほんブログ村
04/27/2012    無駄足掻き

何を言っても

何をしても

もう

手遅れ

もう

目の前など

見てはいないのだから



にほんブログ村 ポエムブログ 感情詩へ
にほんブログ村
04/30/2012    此処は雨だ

ここは あめだ

ここは あめだ

はらはらと絶え間なく

今日も 雨が降り続く


ここは どこだ

ここは どこだ

そろそろと忍び寄る

闇に まなこは塞がれている


ボクは だれだ

ボクは だれだ

ドロドロと 流れてる

黒い血潮は何も応えない


ここは あめだ

ここは あめだ

はらはらと絶え間なく

黒ずんだ心に 

黒い黒い

黒い雨が降り注いでいる



にほんブログ村 ポエムブログ 感情詩へ
にほんブログ村
05/03/2012    いらないもの

目覚めはいつも

辛くて

目覚めのあとは

腹立たしくて

憂鬱な朝を

いつも迎える


ボクはいらない

こんなもの

ボクはいらない

全てがいらないから

にほんブログ村 ポエムブログ 感情詩へ
にほんブログ村
more open !?
05/04/2012    いつもと同じ今朝に

何を今更はじめるというのだ

何を今頃言い出しているのだ

もう

いい

もういいから

目の前から

消えて欲しい

ボクの朝を乱さないで欲しい

そんなことなど

聞いてない

そんな話など

聞きたくもない

なぜ

そうなんだ

なぜ

いつもそうなんだ

だからボクは



にほんブログ村 ポエムブログ 感情詩へ
にほんブログ村

ヒトだけが

獣とは違うなんて奴は

うそっぱちだ


行為を伴わない愛こそが

清らかだなんて

うんざりだ


願うだけで

行動もできない奴らを

聖人と呼ぶのなら

思うだけで

あいしあえるなんてほざく奴らを

清らかだなんて

嘯くのなら


ボクは獣で十分だ

己に嘘などつかない

けだもので 十分なのさ


にほんブログ村 ポエムブログ 感情詩へ
にほんブログ村
05/10/2012    ちっちゃな花園

ちっちゃな花園夢見てる

心優しき小さな手

草木を愛でる 優しい手

お花の苗を植えている


可愛いお花が咲くように

水も欠かさず優しい手

心を込めて世話しては

ちっちゃな花園夢見てる


元気にお花が咲くように

雑草 虫には気をつけて

一生懸命 世話してる


名もなき無数の小さな魂

ソンナ ムシ ナド ブッコロシ

罪なき無数の小さな命

ザッソウ ナンカハ ネコソギダ


夢見るちっちゃな花園は

無数の骸が礎で

心優しいちっちゃな手

消せない罪で穢れてる


にほんブログ村 ポエムブログ 感情詩へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。